紫外線吸収剤不使用(ノンケミカル)な顔・体用の日焼け止め3選!

日焼け止めイラスト
肌への負担が少ないと言われ、赤ちゃんや小さな子供にもおすすめされていることが多いのノンケミカルな日焼け止めですよね。

今回は、ノンケミカルで、顔・手・腕・足などにも全身に使える日焼け止めをまとめてみました。

ノンケミカルなおすすめ日焼け止め3選

ノンケミカルの日焼け止めとは?

はてなとシマウマ
日焼け止めには、「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」という紫外線をカットする成分があります。

ノンケミカルというのは、「紫外線散乱剤」で紫外線を防ぐ日焼け止めのことです。

紫外線吸収剤の日焼け止めの特徴

紫外線を吸収して熱に変え防ぐ。

【 メリットとデメリット 】
・ 白くなりにくく、さらっとしていて使用感がよい。

・ 紫外線を熱に変えるときの変化によって、肌がかぶれたりする人もいると言われている。

紫外線散乱剤の日焼け止めの特徴

紫外線散乱剤に含まれるパウダー状の成分が、紫外線を反射して防ぐ。

【 メリットとデメリット 】
・ 紫外線を皮膚に塗布されたパウダーが反射してくれるため、肌がぶれたりアレルギーは起こしにくい。

・ 白浮しやすい。

一般的に紫外線散乱剤の日焼け止めの方が、肌に刺激が少ないと言われてますが、人によって肌に合う合わないがあるのでいちがいには言えないような気がします。

過去に紫外線吸収剤を使った日焼け止めでアレルギーや肌トラブルがあった人には、紫外線吸収剤フリーの方がいいのかもしれません。

白浮きしやすいものが多いのですが、最近は改良されて使いやすくなっているものありますよね。

紫外線吸収剤を使っていないものは、「ノンケミカル」「紫外線吸収剤フリー」「紫外線吸収剤不使用」などと書かれていますので、参考にするといいですね!

SPFとPAの目安

日焼け止めには、必ずSPFとPAが書いてあります。

どれくらいの数値がいいのか下記の表を参考にしてみて下さい。
環境省の紫外線環境保健マニュアル2015【PDF】 参照)

● 日常生活(買い物や散歩):SPF10~20 PA+~PA++

● 屋外での軽いスポーツやレジャー:SPF15~30 PA++~PA+++

● 炎天下のレジャー・マリンスポーツなど:SPF35~SPF50+ PA+++~

ノンケミカルな顔・腕足の体用の日焼け止め

MAMA BUTTER(ママバター) UVケアクリーム

◎ SPF25 PA++
◎ 45g 1,296円(税込)
◎ 買い物や普段使い用

ママバターは天然の「シアバター」(アフリカのシアの種子からとれる)を使ったコスメブランド。

石けんで落とせるクリームタイプの日焼け止め。

シアバターには古くから万能薬としても用いられ美肌作用などでも注目されている成分です!

公式サイト >>ママバター UVケアクリーム

Larネオナチュラル UVホワイトプロ

◎ ネオナチュラル
◎ SPF24 PA++
◎ 30ml 2,680円(税抜)
◎ 普段使い用

国産オーガニックコスメのネオナチュラルのノンケミカルな日焼け止め。

白浮せず、さらっと軽く伸びがよくなり新しくリニューアル
石けんでも洗い流すことができます。

こだわりの自然由来100%の成分で、肌ケアしながら紫外線から肌を守ってくれます。

* リニューアル前の旧商品も愛用者がたくさんいるため、新旧両方を取り扱っています。

SPF値や成分などが変わったので公式サイトでご確認を!
<旧製品>SPF20・PA++
<リニューアル製品>SPF24・PA++

 >>Larネオナチュラル UVホワイトプロ(楽天)

NOV(ノブ)UVミルクEX

◎ 常盤薬品工業
◎ SPF32 PA+++
◎ 35g 2,160円(税込)
◎ 普段使い用+レジャー用

ミルクタイプでみずみずしく軽いつけ心地のノンケミカルな日焼け止め。
お湯でも落とせるので、肌の負担も軽減。

* ノブでは「ミルクタイプ」の他にも「ノブUVシールドEX(クリームタイプ)」・「ノブUVローションEX(ローションタイプ)」の日焼け止めがあります。

「クリームタイプ」は伸びがあまりよくなく白浮きしてしまい、「ローションタイプ」はゆるいのでつけにくいとの口コミの評判がありました。

そのため、中間の「ミルクタイプ」が@cosme(アットコスメ)でも日焼け止めボディ用で人気ですね。

詳細はこちら >>ノブ UVミルクEX (楽天)

日焼け止めの塗り方のポイント

顔にクレンジングクリームを塗る女性
SPFとは、日焼けして赤くなってしまう時間がどれくらいのばせるかの目安となる数値です。
通常、紫外線を浴びて赤くなるまでの時間は、約20分と言われています。

SPF20の日焼け止めなら、20×20分=400分(6時間くらい)は日焼けする時間を伸ばせるということになりますね。

でも、汗で流れてしまったりぬり、ムラもあったりするので、日焼け止めはこまめな塗り直しが、一番紫外線のカット率をあげることができ、日焼けを防ぐポイントです!

error: Content is protected !!