甘いものが好きな人は要注意!シワや黄ぐすみができやすい理由

チョコイラスト

2月14日はバレンタインですね。

食べるのがもったいないくらいかわいいものはもちろん。ちっちゃなチョコが1個400円とか超高級チョコや何だこれ?っていう面白いチョコまでいろいろ!

見てるだけでも楽しくなりますよね。

今は自分へのご褒美にと「自分チョコ」っていうのが人気だとか。

甘いものってほっとするしちょっとしたストレス解消法ですよね。
特に冬って無性に甘いものが食べたくなって食後はついついチョコレートに手が伸び食べてしまっているんです。

でも、甘いもののとりすぎは注意が必要!
太るからという理由もそうなんですが、なんと肌のシワやくすみの原因にもなるですって!!!

スポンサーリンク

シミ・しわの原因の糖化とは?

甘いものや炭水化物をとりすぎと血糖値が急激に上昇。
余分な糖分が体内にあるタンパク質と結びついてタンパク質が変化。

AGEsというのもをつくりだすのだそう。これを「糖化」っていいます!

そのAGEsは肌にとっては厄介なもので、肌の弾力やハリを支えているコラーゲンを固くしてしまって弾力がないお肌に。

炊き立てのご飯は真っ白でもちもちいるのに時間が経つと固く黄色くなるのと同じ現象が私たちのお肌でも起こっているのだそうです!

白いご飯イラスト
そのため他にも「黄ぐすみ」といってこの糖化によって肌が黄色っぽくくすむということも起こりうる原因なんだとか。

また敏感肌の人は肌のバリア機能も弱っているためAGEsの生成を早めてしまい、通常より「たるみ」や「黄ぐすみ」の進行させてしまうことに!

肌の老化の原因のひとつと言われる「糖化」
最近とくに注目されている言葉なんだそうです。

私も知ったのは最近でディセンシア(decencia)のアヤナスを使っていてそのパンフレットに書いてあったのを読んではじめて糖化って言葉を知りました。

だからといって糖も私たちには必要な成分。

甘いものはやっぱり食べすぎには注意。

血糖値を急激に上げないために炭水化物だけの食事ではなく、野菜や魚も一緒にバランスよく食べましょうってことですね。

error: Content is protected !!