日焼け止めの塗り方のポイントは?メイク後に塗り直す時は?

日焼け止めを顔につけた女性
シワやシミの原因にもなる紫外線。
日焼け止めは、一年中かかせませんよね。

知っているようで知らない、塗り方のポイントや塗り直すときのポイントをまとめました。

スポンサーリンク

日焼け止めの塗り方のポイント

1.洗顔後、スキンケアの後に日焼け止めをつけます。
朝の洗顔をしたあと、化粧水、乳液、美容液、クリームなど通常のスキンケアをした後に日焼け止めをつけていきます。

2.日焼け止めを適量手のひらに出します。
ここでのポイントは、量が少なすぎると日焼け止めの効果が薄くなってしまうんだそうです。
あまり広範囲に伸ばし過ぎず、少し厚めかなくらいにつけるとちょうどいいかもしれませんね。

3.次に顔全体に伸ばします。
ここでのポイントは、日焼けしやすい顔の部分でも高い位置の鼻や頬骨には重ね付けしておくといいそうです。

4.首や耳など出ている部分も忘れずに塗ります。
首やデコルテと言われる首から下の胸元のあたり、耳の後ろや首の後ろなどは、日焼け止めを塗るのを忘れがち。

首は影になっていて紫外線を浴びなさそうですが、意外と焼けるところです。

私も油断していたらちょっと日焼けしてしました…。

ウォーキングやランニングをするときは、首は汗もかきやすいので、タオルなどを首に巻いておくと汗も吸い取ってくれて、紫外線も当らないので日焼けもしにくくいいかもしれませんね。

メイクしている場合も日焼け止めを塗り直すべき?

日焼け止めは、汗などで流れてしまうためこまめに塗り直すのが効果的。

しかし、実際、腕や足などは簡単に塗り直しできますが、顔はお化粧しているし、また日焼け止めをつけ直したらメイクも崩れてしまいますよね。

そんな時は、パウダーファンデーションだけでも、メイクの上から塗り直すだけでも紫外線防止効果があるそうです。

パウダーファンデーションには、紫外線をはね返す紫外線散乱剤の粉が入っているため、とくにSPF値の書かれていないものでもUV効果があるんだそうです。

これなら簡単に紫外線対策できそうですよね!

error: Content is protected !!