日焼け止めの成分って?紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の違いは?

手に塗った日焼け止めの写真
日焼け止めを買うとき「紫外線吸収剤フリー」と書かれているものがありどういう意味だろう?って思うことがありませんか。

そういえば日焼け止めってどういう方法で紫外線から肌を守ってくれているのでしょう?

ここで出てくるのが紫外線吸収剤と紫外線散乱剤という言葉!
ちょっと知っているだけで日焼け止めを買うときの参考になります!

スポンサーリンク

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤

日焼け止めイラスト
日焼け止めは「紫外線吸収剤」は紫外線を吸収して熱のエネルギーにして放出する方法「紫外線散乱剤」という紫外線を反射させて守る方法の2つがあります。

紫外線吸収剤

*成分:「メトキシケイ酸エチルヘルキシン(メトキシケイヒ酸オクチル)」「ジメチル PABA オクチル」「t-プチルメトキシジベンゾイルメタン」など

【 メリット 】
・ 肌につけたとき白くなりにくい。
・ さらっとしたつけ心地で使用感がいい。

【 デメリット 】
・ 紫外線を熱に変えるときの変化によってまれに肌がかぶれたりする人もいる。

紫外線散乱剤

*成分:「酸化チタン(UVBを防ぐ)」「酸化亜鉛(UVAを防ぐ)」など
*UVBやUVAについてはSPFやPAはどう意味?の記事へ

【 メリット 】
・ 肌がかぶれたりアレルギーは起こしにくいと言われている。

【 デメリット 】
・ 肌につけたとき白くなりやすい。

まとめ

麦わら帽子をかぶる女性
それぞれメリットとデメリットがありどちらの日焼け止めがいいとはなかなか言いにくいものですよね。

今は以前より白くなりにくかったり、両方の長所をいかした日焼け止めもありますよね。

しかし、どうしても紫外線吸収剤ということが気になる方は「紫外線散乱剤」を使った日焼け止めの方がいいのかもしれません。

その目印は「紫外線吸収剤フリー」「紫外線吸収剤不使用」「ノンケミカル」と書かれたものを選ぶといいですね。

>>ノンケミカル(紫外線吸収剤不使用)のおすすめ日焼け止め

error: Content is protected !!