化粧水、乳液、美容液、クリームのそれぞれの役割の違いは?

ホテルのスキンケアグッズ
基本のスキンケア化粧品といえば「化粧水、乳液、美容液、クリーム」ですよね。
似ているようで、みんなちょっとずつ使用感も違いますよね。

それぞれどんな役割があって、肌にとってはどんな違いがあるのでしょうか。

スポンサーリンク

どんな役割がある?

化粧水

化粧水は、肌を整えて水分で潤し、洗顔後さっぱりとした清涼感を与えてくれます。

化粧水をたっぷりつければうるおって保湿されたように思いがちですが、化粧水だけでは肌の乾燥は防げません。

化粧水の後には、「乳液、美容液、クリーム」などで保湿してあげないと、化粧水の中に入っているアルコール成分と一緒に肌の水分も蒸発していってしまうので、よけいにカサカサお肌に。

他にも、その後につける「乳液や美容液やクリームなど」を肌なじみよくしてくれる役割があります。

乳液・クリーム

乳液やクリームは、化粧水で整えた肌に油分を与え、保湿力を高めてくれる効果があります。

乳液は、クリームよりもべたつきがなく水分量が多いためみずみずしい心地で、べたつきが苦手な人や脂性肌の人におすすめ。

クリームは油分が多くしっかりと保湿してくれるので、乾燥肌のひとにおすすめです。

最近は、ジェル状のものもあったりして、使用感のよいものが増えて、べたつきがあるクリームは少ないですよね。

私もべたつきが嫌いなので、クリームを選ぶときは使用感重視だったりします!

美容液

美容液は、肌の悩みにピンポイントで働きかけてくれる化粧品です。

そのため、肌悩みがなければとくに使う必要がありません。

しかし、40代になると、全く肌の悩みがないという人は少ないですよね。
というか、そういう人がいたらうらやましい~。

乾燥が気になる人は、セラミドなどの水分をたくわえる働きがある成分の入った美容液を。

シミが気になる人には、美白(メラニンの生成を抑えてシミやそばかすを防ぐ)成分の入ったの美容液を。
シワが気になる人には、肌のハリをサポートする成分の入った美容液を。

自分の気になる肌の悩みに合ったものを選ぶことができるのがいいですね。

いろいろな肌の悩みがあって、どうしても選べない。と美容液を2つなど使うときは、さらっとしたタイプの美容液からつけ、その後にとろみのある美容液をつけるのがいいですね。

error: Content is protected !!