シミはなぜできる?メラニンは悪者なの?

水玉のパラソル

シミは一度できてしまうとなかなか消えないし、顔のところどころに茶色っぽい点々がとても目立ち嫌ですよね。

スポンサーリンク

シミができるメカニズム

シミができる主な原因はご存じの紫外線。

紫外線から肌を守ろうとメラニンサイトというところでメラニンという色素がつくられ、紫外線を吸収してくれる役割があります。

このメラニンがシミのもと。
メラニンというとなんとなく悪いもののイメージですが実は肌を守ってくれているんですね

通常はターンオーバーによってこのメラニンも垢(あか)としてはがれ落ち、また新しい細胞ができるのでシミにはなりません。

しかし、紫外線をたくさん浴び続けてしまうとメラニンサイトが異常にどんどんメラニンをつくり続け増えてしまい、結果ターンオーバーでもはがれ落ちることなくとどまり色素が沈着しシミになってしまうのです!!!

メラニンは徐々に蓄積され、さらにターンオーバーも年齢とともに遅くなるのでメラニンも垢としてはがれにくくなるため、歳をとると急にシミができたように感じるのはこういうことなんですね。

昔は「日焼けした方が健康にいい!」と言われていましたが、(もちろん適度に日光を浴びることでビタミンがつくられます。)

今は「日焼けはよくない!紫外線予防!」など盛んに言われるようになり180度ガラッと変わりましたよね。

小学校でもプールの時間素肌を紫外線にさらさないようラッシュガードといわれる長袖を着てもいいことになっていますよね。

ラッシュガードイラスト

時代は変わりましたね!

error: Content is protected !!