季節の変わり目や体調で肌が荒れやすい!敏感肌とは?

左手を頬にあてる女性の横顔
女性の社会進出が増えてきた現在、今後敏感肌の人が増えていくだろうと言われています。

自分は敏感肌と思っている女性は全体の70~80%と、かなり多くの方がそう感じているんですね。

「間違ったスキンケアによるものや体調の変化などによる一時的に肌が敏感になりやすい人」と、「もともとアルコールや花粉症などのアレルギー体質により敏感になりやすい人」と敏感肌でも2つのタイプがあるんだそうです。

私は、もともとアレルギーもあり、疲れてきたり体調の変化でもぶつぶつ大人ニキビができたり肌が荒れます。

最近、とく春は花粉症や黄砂やPM2.5もあったりして、よけいに敏感肌だなと感じる女性は多くなっていそうですよね。

スポンサーリンク

敏感肌の特徴

・ 季節の変わり目になると肌荒れする。

・ 生理前や生理中。ホルモンバランスによって肌トラブルがある。

・ 体調が悪いときに赤くなったりかゆくなったり、かぶれたりする。

・ アルコールの多い化粧水などで赤くなったりしみたりする。

トラブルの原因と対処法

実はほとんどの人がもともと肌は健康なのに、間違ったスキンケアを続けてしまい乾燥がすすんで敏感になったり、生活習慣が乱れているため敏感肌になっていることが多いそうです。

・ クレンジングや洗顔でゴシゴシこすってメイクや皮脂を落としている。

・ べたつくからと化粧水しかつけていない。

・ 睡眠不足。

・ 外食が多く食生活が偏っている。

・ ストレスがたまっている。

そのためまずは生活習慣を見直し、正しいスキンケアをすることが大切ですね。

クレンジングや洗顔ではやさしく丁寧に洗い、化粧水だけのスキンケアではなく保湿も取り入れましょう。

べたつきが苦手な場合はクリームの量を減らしたり、乳液や美容液だけでもつけたり。
最近はべたつきが少ないクリームも多くなってきましたよね。

体質や季節の変化や女性ホルモンのバランスにより敏感になってしまう場合は、敏感肌専用の化粧品を使うようにしたり、スキンケアは保湿中心のシンプルケアに。

ファンデーションも刺激の少ないパウダーファンデーションに変更したり、メイクにも注意しましょう。

かゆみや赤みがひどい時は皮膚科でして炎症を抑えてから、化粧品などを利用するようにした方がいいですね。

error: Content is protected !!