天然由来にこだわった肌に優しいリペアファンデーションを使った感想

リペアファンデーションお試しセット
最近は無添加のものや自然派なファンデーションが人気ですよね。

天然成分の研究を行う原料メーカーのリソウコーポレーションの「リペアのファンデーション」を見つけました!

社名のリソウは「理想を達する」という決意を込められてつけられたそうです。

リペアのファンデーションのトライアルセット

リペアのファンデーションのトライアルセット


・リペアリキッドファンデーション(イエローオークル)/SPF28 PA++
・リペアリキッドファンデーション(ピンクオークル)/SPF28 PA++

・リペアパウダーファンデーション(イエローオークル)/SPF20 PA++
・リペアパウダーファンデーション(ピンクオークル)/SPF20 PA++

・リペアフェイスパウダー/SPF20 PA++

・リペアリキッドファンデーション・リペアパウダーファンデーション共通パフ×2
・リペアフェイスパウダー用パフ

リペアのファンデーションのトライアルセット
そして、ちょっとびっくりしたのが、「ファンデーションの違いがわかるDVD」というものも入っていました!

内容は、このリペアファンデーションの成分や製法や安全性について、専門家の方の意見を交えながら商品の紹介がされています。

正直なところDVDまでつけなくても、公式サイトに動画を見られるようにすればDVDの制作コストもかからなくて、その分安くできないるのでは?って思ってしまいました…。

約15分くらいあるのですが、内容はわかりやすく丁寧に解説してくれているので「なるほどな~。なんかすごくいい商品なのかも!」という、使う前にワクワクする気分になるようなのDVDでした(笑)

ナチュラルな仕上がりのパウダーファンデーション

リペアパウダーファンデーション
リペアファンデーションの色は「ピンクオークル」と「イエローオークル」の2種類あります。

ファンデーションの色を選ぶのに一般的にに言われているのは、

肌の色白の人や明るい仕上がりにしたい人は「ピンクオークル」。
一般的な肌の色で自然な仕上がりにしたい人は「イエローオークル」。

一緒に梱包されていたリソウの説明書のパンフレットにも、このように書かれていていました。

迷った時は、日本人の肌にあう「イエローオークル」がおすすめだそうです!

リペアパウダーファンデーション
2種類の色を実際に腕につけてみました。

ちょうど私の腕の肌の内側の色がピンクオークルだったようで、まったく見えなくなってしまいました…。

しかし、ファンデーションの色を選ぶときは、本当は腕ではなく、耳の後ろから首にかけての顔の輪郭部分のフェイスラインで確かめるといいそうです。

実際にフェイスライン付近につけてみたところ、ピンクオークルは少し浮いてしまう感じがして、イエローオークルの方が合うみたいでした。

やはり腕とは違うみたいですね。

ファンデーションは、スポンジを濡らす水ありと水なしの両方使えます。

パウダーファンデ―ションのトライアルは小さすぎて使いにくいため、忙しい朝のお試しは時間がかかるので、休日にゆっくりつかってみた方がいいです。

重くない使用感のリキッドファンデーション

リペアリキッドファンデーション
リキッドファンデーションの色も「ピンクオークル」と「イエローオークル」の2種類あります。

リペアリキッドファンデーション
腕に出してみましたが、見た目だとほとんど色の差がわかりませんね。

思った以上に水分量が多くゆるくて乳液のようでした。

中身を出すときに中の油分と分離しているので、手に出す前に少し振っておいた方がいいです。

リペアリキッドファンデーション
とっても伸びがよくて、ススーっと広がっていきました。

こうやって比べてみると、リキッドファンデーションの方がピンク系とイエロー系の差がはっきりします。

リキッドの場合は、両方の色を混ぜても色を調節もできるので、本当に自分の肌に合った色をつくることができますね!

リペアファンデーション塗る前と塗った後比較
水分量が多いので、カバー力はあまり期待していなかったのですが、シミもうっすらとはわかりますが、だいぶ目立たなくなってます。

頬の毛穴はきれいにカバーできてました。

使用感は、重くなく軽いです。

他の製品と比べてもリキッドファンデにしては水分量が多いので、クレンジングで落とすのも簡単。
その点でも確かに肌への負担は少なそうです。

リキッドファンデーションはこのままでもいいのですが、最後にファイスパウダーをつけておいた方が、テカリや化粧崩れを防いでくれるそうです。

肌に透明感を出すフェイスパウダー

リペアフェイスパウダー
リキッドファンデーションの後、フェイスパウダーもつけてみます。

リペアフェイスパウダー
色は、やや明るめ。
パウダーの粒子が非常に細かいです。

リペアフェイスパウダー
腕につけてみると、こんなに白っぽくていいのかな?と思いましたが、なじませていくと肌に透明感が出てきました。

実際、顔に使う場合は、パウダーをパフにとったら一度手の甲でなじませてから使う量を調節して顔にのせていきます。

すごっくさらさらした肌触りになり気持ちいい~。

休みの日にちょっと実験。

まず普通にリキッドファンデーションをつけて、左側の顔半分だけファイスパウダーつけて、右側のもう半分はつけないで一日過ごしてみました。

すると確かに午後になり、ファイスパウダーをつけている左側の方はさらさらが続いていて崩れにくかったです。

リペアファンデーションの開発された理由と製品の特徴

リペアパウダーファンデーション
リソウのファンデーションがつくられた理由は、「せっかくスキンケアで肌を整えても、ファンデーションのせいで肌が傷ついてしまったら意味がない。」ということで開発されたそうです。

100%植物由来の美容液をつくるノウハウを応用して、100%天然由来にしているとのこと。

一般的なファンデーションには、使用感をよくしたり、長期保存できるようにと、石油合成・乳化剤・防腐剤などが入っています。

それらの中には、肌の呼吸を妨げてしまうものや、ファンデーションが落ちにくいと肌の負担になり、肌荒れ・くすみ・シミ・色素沈着を起こしてしまう可能性が!!

石油由来の防腐剤(メチルパラベンなど)は、肌の細胞を死滅させてしまうんだそうです。

石油由来の成分を徹底的に排除したことで、今までもファンデーションとは全く別の新しいファンデーションになっているということがリペアの特徴なんですね!

そのため、医学専門誌にも掲載されているそうです。

なぜ通販だけでしか買えないの?

リペアファンデーションお試しセット
リソウコーポレーションの商品は、残念ながら実店舗では買うことはできず、通信販売だけの取り扱いだけなんです。

それには2つの理由があるんです。

1.商品に妥協せずつくっているため製造コストがかかり、その分お店で販売するための費用である流通コスト、店舗賃料、人件費などをなくすため

2.店舗販売をすると複数の流通経路を通さないといけなくなり、長期保存が可能なようにしなければなりません。

リソウの化粧品は天然由来にこだわってつくられているため、長期保存するためには石油由来の防腐剤などを配合しなければならなくなり、新鮮な化粧品をお届けできなくなってしまうから。

そのため、リソウの化粧品は「商品が到着してから6か月以内に使用してください。」と書かれています。
(使用していても・未開封でもどちらにも関わらず6ヶ月以内)

長期保存はできませんが、その分余計なものが入っていないので、肌には優しいんですね!

原料からこだわってつくられているファンデーション

リペアファンデトライアルセット内容
原料も「りそうファーム」という自社農場で無農薬栽培米を生産していて、製法も独自の技術でつくられていて、高いこだわりが感じられました。

3種類のすべてUVカット効果があり、肌に負担の少ない紫外線を反射させる(紫外線散乱剤)の「酸化チタン・酸化亜鉛・酸化鉄」の成分でできています。

評価5034
原料にこだわりをもってつくられているため、本品の価格が少し高いように感じましたが、使用感などは軽く、とにかく肌にやさしい成分ということがいいです。

ファンデーションは、朝から夜まで一日中つけているので肌への負担は少ないものを選びたいですよね。

3種類のアイテムが試せるトライアルセットは、それぞれ約5~15日分くらいもちます。

パウダーファンデーションは約5~8日分。
リキッドファンデーションは約10~15日分。
フェイスパウダーは約7~11日分。

初回限定の特別価格1,900円(税抜) 送料無料でお試しできます。

詳細はこちら >>リペアファンデーション

リペアファンデーション

error: Content is protected !!