メイクを毎日していると色素沈着することはあるの?

お化粧をする女性

「化粧下地をつけないでメイクすると、チークなどが色素沈着するの?」
「アイライナーを落としても目元が茶色っぽくなってしまった。」
「安いアイシャドーを使うと色素沈着って起こりやすいの?」

毎日メイクをしていると、それが蓄積されて、着色料が肌にうつってしまうのではないか?ってちょっと心配になったりしますよね。

アイライナーやアイシャドーなどのメイクアップ用品などは、色の分子は大きいので肌の内部へは浸透することはないそうです。

それなのに、なぜ色素沈着したのかな?と勘違いしやすいのでしょうか。

スポンサーリンク

メイクを落とすときにゴシゴシ洗いが原因

色素沈着の原因の一番は、メイクを落とすときのクレンジングの仕方によっておこります。

とくに、色素沈着してしまったと思うことが多いのが目元ですよね。
目元は、皮膚が薄くとてもデリケートな部分です。

しかし、今はウォータープルーフのものが多いのでなかなか落ちにくかったりして、ついついメイクを落とそうとゴシゴシと洗ってしまいがち。

こすることによる摩擦によって、シミなどのもとでもあるメラニンができやすくなり、茶色く残ってしまうんですよね。

(これが茶くまと言われてる目元のクマの原因です。)

また、クレンジングの時以外にも、目がかゆくてこすってしまったりすることが多く、色素沈着が起こりやすい部分です。

そのため、アイライナーやアイシャドーの着色料が肌にうってしまった!!と勘違いしやすいのかもしれませんね。

メイクはゴシゴシこすらず、毎日寝る前にやさしくクレンジングで落としてあげましょう。

error: Content is protected !!