朝、メイクのノリが悪い!私のやってしまっていた失敗

チークをつけている女性
メイクのノリが悪くてファンデーションがよれたり、粉がふいたりすると、「あ~!朝は忙しいのに!」「これから出かけるのに!!」とお化粧に時間がかかり、朝からイライラしてしまうことがあります。

同じようにメイクしていても、日によって肌が汚く見えてしまったりして、気分もどんより。

体調なども関係しますが、そうでない時のお化粧のノリが悪いのはどうしてなんでしょうか。
私のやってしまっていたのは、下の3つの失敗でした。

スポンサーリンク

基礎化粧品つけた後、すぐにファンデーションをつけてしまった

「朝は忙しい~!」と顔を洗って、化粧水つけて乳液や美容液、クリームをつけて…。と次から次へと、基礎化粧品をパッパッとつけていきなりやくなりやすいですよね。

すると、まだ基礎化粧品が肌となじんでいないのに、メイクアップ化粧品(ファンデーションなど)をつけてしまうと、まだ肌の上にスキンケアの水分や油分が残っているので、浮いてしまったり、よれやすくなってしまいます。

メイクがよれてしまってから「しまった!どうしよう!」と、ティッシュで慌てて拭き取ったりしてメイクを直してとしていると、よけいメイクに時間がかかってしまったという失敗…。

基礎化粧品をひとつずつハンドプッシュしてなじませて…と、夜みたいにゆっくりスキンケアできればいいのですが、朝は私の場合どうしてもバタバタしてしまいます。

そういう時は、朝だけオールインワンタイプの基礎化粧品にして、時短スキンケア!!

これ一本で化粧水、乳液、美容液、クリーム、パックの役割があるものを選んで、1回だけきちんと肌になじませればいいだけにすると簡単でいいです。

化粧品同士の相性が悪かった

日焼け止めをぬったあと、化粧下地やパウダーファンデーションをつけると消しゴムのカスのような白いポロポロしたものがでてくることがありますよね。

(乳液や美容液をつけた時も、時々白いカスがでてくることがありました。)

これホントに困るんですよね…。

払っても払っても、肌にさわれば触るほどモロモロがでてきて、また洗顔し直したこともあります…。

これは、日焼け止めなどの成分がよく肌なじんでいないのに、次のメイクをし始めてしまったり、他のメイク用品の相性が悪いかった場合に起こります。

「ある程度時間をおいているのに、なぜかまた白いカスがでる…」というようなら、日焼け止めやファンデーションなども同じメーカーやブランドで、ラインでそろえてしまうという方法もあります。

それぞれのアイテムの相性は、メーカー側で研究されているため、白いカスが出たりすることは起こりにくくなっています。

私は、日焼け止め+パウダーファンデーションとのときに、(スポンジでこすることによるためか。肌が乾燥していたのか。)白いカスがでてくることが多かったです。

日焼け止めのあとはリキッドファンデーションやBBクリームなどに替えたところ、油分が多く伸びがいいので、そのようなことがなくなりました!

スポンジやパフなどメイク道具が汚れている

ファンデーションのスポンジやフェイスパウダーのパプをずっと使っていると、メイクの成分が固くなったり、毛羽だったり、汚れたりしてきます。

他にも、顔の皮脂などもつくため雑菌が繁殖したりするので、肌にもよくないです。

「一流の職人さんは道具を毎日磨いている。」というのを聞いたことがありますが、やはりメイク道具をきれいにしておくと、お化粧もきれいにできますよね。

スポンジやパフは石けんやメイク用のスポンジ専用の洗剤などで洗ったり、時々、新しいものと交換するようにすると、つけた時に肌とのすべりがよくなり「あれ?こんなに違うの?」と思います(笑)

この記事を書き終わったら、スポンジとパフを洗おう!

error: Content is protected !!