化粧水だけたっぷりとつければ保湿は大丈夫?

水滴のついたチューリップ
洗顔した後に、化粧水をパシャパシャとたっぷりとつければ、肌もしっとり保湿はされたように感じますよね。

でもこれでは、肌表面が潤ってるようにみえているだけで、一時的なものなんです。

「べたつくのが嫌なので、化粧水しかつけていません。」「化粧水で保湿しているのに、肌が乾燥します。」という口コミを見かけたことがありますが、化粧水は、肌を整えるものであって保湿する効果はとても低いです。

化粧水だけしかつけていないとなると、化粧水のミストスプレーをつけた時と同じで、化粧水に含まれているアルコール成分によってすぐに蒸発してしまい、さらに悪いことに肌の水分まで奪ってしまいます。

これでは、よけい乾燥してしまいますよね。

やはり、化粧水で肌を整えたら、乳液や美容液やクリームなどで油分を与えてあげることで、保湿力を高めることができますね。

スポンサーリンク

日本人は化粧水が好き

日本人にとっては、化粧水は必ずつけるという人は多いですよね。

私もお風呂上りにはまず化粧水をつけてさっぱりするのが好きです!

でも、海外では化粧水はほとんど使わず、使う場合もどちらかというと「汚れを落とすふき取るもの」として使われることが多いようです。

化粧水を好んで使うのは、日本人くらいなんだそうですが、これも文化の違いなんでしょうね。

というわけで、基礎化粧品の中でも化粧水は保湿力は弱く、それよりも、保湿には乳液や美容成分の入った美容液・クリームの方をつけた方がいいということになりますね。

もし、「べたつくのがイヤだ。」「肌荒れしているから1アイテムだけにしたい。」という場合は、「オールインワンタイプの化粧品」、「保湿美容液のみ」、または「ジェルタイプのクリームのみ」をつける方がおすすめです!

error: Content is protected !!