化粧水は基本は手でつける!コットンでつけるとシミになる可能性も?

手のひら
化粧水は、手でてでつけますか。
コットンでつけてますか。

手の方が肌の感覚がわかるからいい?
コットンでつけた方が肌に浸透しそう?

化粧水は間違ったつけ方をすると、シミの原因になってしまうんだそうです。

スポンサーリンク

コットンでつけるときの注意点

ほとんどの化粧水は、使い方にとくに記載が書かれていなければ、基本的には手でつけます。

それは、コットンにつける化粧水の量が少なかったり、パタパタとパッティングしてつけると、コットンの繊維が毛羽立ちが肌を傷つけてしまい、シミなどの原因にもなってしまうからなんです。

もし「化粧水はコットンを使用してつけて下さい。」と書かれていたら、化粧水はたっぷりめで、顔をパタパタとパッティングせずに、化粧水をつけたコットンをじわ~っと肌になじませ、こすらないように気を付けましょう。

化粧水の正しいつけ方

とくにコットンと指定されていない場合、使い方に書かれている適量(100円玉~500円玉大くらい)を手にとり、両手のひらで顔全体を包み込むように、やさしくなじませていきます。

化粧水のつけ方は、パシャパシャと顔につけるイメージがありますよね。

しかしこれはダメです。

よく浸透するようにと、パシャパシャとたたくようにつけると、顔が赤くなったり刺激でシミの原因にもなってしまうんです。

手で化粧水をつけるメリットとしては、

・ 手のひらの温度で温まり血行がよくなる。
・ コットンに比べ化粧水の無駄が少ない。
・ 肌状態が直接手で触れることでわかりやすくなる。

などいいことがあるんですね!

コットンを使うときはコットンパックがおすすめ

コットンでつける場合は、コットンパックなどするときにおすすめです。

コットンパックは化粧水をたっぷりしみ込ませます。

(またはコットンに一度水を含ませ、よく水を絞ってから化粧水をしみ込ませます。その方が化粧水の量を節約できますね。)

その後、2~3枚くらいに薄く裂いたコットンを顔にのせ、貼り付けるような感じで隙間なくパックしていきます。

パックする時間は大体3~5分くらい
長すぎると、コットンが乾いてしまいシワの原因になってしまうので、ここも注意ポイントです。

なるべく早めに、コットンが乾く前にはずしましょう。

コットンパックは、乾燥してきたなという時や肌が疲れているなと感じるときにするのがおすすめです。

コットンパックの後は、必ず乳液または美容液またはクリームなどでの保湿を忘れずにしましょうね。

error: Content is protected !!