オークルやベージュの違いは?ファンデの色の濃さと明るさの見方

ファンデーションとパフ
ファンデーションの色を選ぶとき、「オークル」とか「ベージュ」と書いてありますが、名前の違いで色のイメージは見極めにくいですよね。

「オークル」は、(ocher:黄土色 おうどいろ)という意味。
「ベージュ」は、(beige:薄い黄色っぽい茶色)という意味でした。

ちょっと違いがわかりませんね…。

スポンサーリンク

オークルとベージュの色の違いは?

化粧下地の色比較
写真は、「ピンクオークル」「オークル」「ベージュ」の3色を比べてみました。

メーカーが違うのでちょっと正確ではないのですが、一般的に言われる「肌色」といっても結構、色の差ってあるんですね。

順番に並べると、

ピンク系 < ピンクオークル < オークル < ベージュオークル < ベージュ< イエロー系

「オークル」の方がピンク系
「ベージュ」の方がイエロー系。ということになるようです。

明るさを示すのには、「オークル」などの後ろに、10や20や30など番号が書いてある場合、数字が小さい方が明るめになっています。

明るい < オークル10 < オークル20 < オークル30 < 暗め

あと、よくファンデーションの箱に英語で略語が書かれていますよね。

「OC」というのはオークルのこと。
「PO」はピンクオークル。
「BO」はベージュオークルのことです。

肌の色とファンデーションの色の選び方

女性の横顔フェイスライン
ファンデーションの色を選ぶときはどうしてますか。

私はずっと腕の内側で色をみていたのですが、調べてみたら本当は色を選ぶのに一番いいのは、頬と首の間のフェイスラインところにつけてみて、一番違和感のない自分の肌にマッチする色を選ぶのがいいんだそうです。

ただ、自分でお店のテスターで試すにはちょっと難しい位置ですよね…。

メーカーによって色の展開も2色だったり10種類以上あったりといろいろ。
自分に合った色を選ぶのはなかなか難しいです。

私もよく色を迷うのですが、迷ったら一番日本人の肌に合う中間のオークル系を選ぶようにしています!

おすすめリキッドファンデ ↓↓

ファンデーションの色選びってなかなか難しいですよね。 色が3種類くらいで明るめ・中間・暗めとかならどうにか選べそうですが。 ...

おすすめパウダーファンデまとめ ↓↓

紫外線カット効果があって、カバー力もあって、透明感もあって、しっとりサラサラで、スキンケア効果があると嬉しい! ファンデーションに...

error: Content is protected !!