顔がくすんでどんより老けて見えるかも!という時の原因と対策

疲れている表情の本にもたれている女性
顔の色が体調が悪いわけでもないのになんとなく暗っぽくみえくすんでるときがあります。
とくに夕方は疲れているのかくすみが気になることが。

また、家に帰ってメイクを落としお風呂に入って洗顔すると、パッと肌がワントーン明るく見えたりして、こんなに肌の色が違ったんだって思うこともあります。

20代の頃はそんなことはなかったのですが、ここ最近くすみを感じることが多く顔も気分も一気に老け込んだ?って思います。

でもなぜ「くすむ」のでしょうか?

スポンサーリンク

くすみの原因は?

1.年齢を重ねるとターンオーバー(古いものがはがれ落ち新しい皮膚の細胞に入れ替わる)が遅くなり、紫外線を浴びてつくられるメラニンや古い角質がたまっているため。

2.睡眠不足や冷えなどにより、血液の流れが悪くなっているため。

3.乾燥してしまい肌のキメが乱れ影ができるため。

他にも甘いものや炭水化物ばかりをとりすぎると「糖化」による黄ぐすみも起こり肌が黄色っぽくなることもあるそうです!

ひとくちにくすみといってもいろいろな要因があるんですね。

対策方法は?

角質がたまってしまうことによるくすみ

角質がたまってしまうことによるくすみは、ピーリング酵素洗顔で古い角質を洗い流すことでケア。

他にもレチノール配合の化粧品で肌環境を整えてあげるという方法もあるようですね。

血行不良によるくすみ

血行不良によるくすみはマッサージで血流を良くしたり、ホットタオルやお風呂でお湯にゆっくりつかり体を温めたりすることもいいですよね。

温かい食事や運動などで日頃から代謝をよくしておくのも大切です。

私は冷え性なのでどうも血行不良のことが多く注意しないとだな~といつも思っているのですが、足や手が冷たいんですよね…。

タバコは血管が収縮してしまい代謝が悪くなってしまうので要注意です。

乾燥によるくすみ

とくに午後顔のくすみが気になるのが乾燥によるものが多いんだそうです。
乾燥はシワにもなりやすくなるし、やはり保湿には気を使わないとなんですね。

水分を保持してくれる能力が高いと言われているのが「セラミド」ですよね。

セラミド配合の美容液で潤いを保湿してあげるものいいですね。

やはりバランスのよい食事で体の中から整えて肌の代謝をよくすること。
そして年齢とともに肌の水分量が減るので保湿が必要なんですね。

error: Content is protected !!