最近カサつくことが多くなった?だんだん乾燥肌になってきたかも

両手を頬にあてる外国人の女性
30代からはターンオーバーも遅くなり、肌の皮脂量も水分量もだんだんと減ってきてしまうそうです。

前よりカサつくことが多くなったな~と思ったら、より乾燥肌(ドライスキン)に傾き始めているのかもしれません。

スポンサーリンク

乾燥肌の特徴

・ 夜しっかり保湿したつもりでも、朝起きると肌がカサカサしている。
・ 洗顔した後はつっぱることが多い。
・ 小じわが目立つようになってきた。

トラブルの原因と対処法

皮脂量も水分量も両方とも減っているので、油分と水分両方補うことが必要

クレンジングや洗顔するのにも、ゴシゴシこすって皮脂は落とし過ぎないようにすること。

10代の頃は皮脂が多くにきびもできやすかったので、顔もタオルでゴシゴシこすって洗ってましたが、これは余計に肌に摩擦を与えてしまって肌を刺激してしまっていたんですね。

年齢とともに肌の表面のバリア機能の役割をしてくれている皮脂や、水分を保持してくれているセラミドも少なくなっていってしまい、そのため、乾燥しすぎるともともとバリア機能が低くなっているので、敏感肌になりやすくなってしまうんですね。

乾燥による小じわも口や目元にできやすいので、早めに保湿を。
セラミド配合の美容液などでうるおいを閉じ込めるケアを!

歳をとるごとに乾燥肌へ

40代・50代・60代と、個人差はありますが肌質もだんだんと乾燥肌に移り変わっていき、女性は生理などあり、出産や更年期でもホルモンバランスでも肌質が大きく変化していくそうです。

20代のころは皮脂が多かったからと、何十年も同じ化粧品や洗顔後もさっぱりしたものばかり使っていると、乾燥が進んでしまいます。

肌質の変化を見ながら、ときどき化粧品を見直してみるのがいいかもしれませんね。

error: Content is protected !!