高い化粧品と安い化粧品の差ってどこにあるの?やっぱり違うもの?

メイク道具
一度は使ってみたい高級化粧品!
高い化粧品は、5万円のクリームや10万円の美容液というのもありますよね。

反対に安いものだと、今では100円ショップでも化粧水、乳液、クリーム、洗顔フォームがあったり、ほとんどのメイクアップコスメも手に入ります。

この差ってどこからくるんでしょう?

スポンサーリンク

100円の化粧水と1万円の化粧水の違いは?

100円の化粧水と1万円の化粧水の値段の違いは、もちろん原料費、研究費、パッケージ費、広告費、人件費などによって違ってきます。

よく言われるのが、高い化粧品は、「広告費や見た目の容器にお金をかけていて、実際は中身に使われている原料費はすごく安いのでは?」という疑問。

確かに、有名ブランドの化粧品は、テレビCMやポスター、雑誌などの宣伝のための広告費がかなりかかっていそうです。

容器もおしゃれなデザインで、ゴールドやシルバーを使った高級感があるものもあり、インテリアとして飾って置きたくなるようなものもありますよね。

しかし、これだけが100円と1万円の化粧品の違いなのか。というとそうでもないようです。

原料も実は、同じ○○という成分でもピンからキリまであり、原料の値段が違い、高い化粧品には、やはりそれなりの原料が使われたりしています。

他にも極端な例ですが、「貴重な△から抽出した高級な〇○成分配合」と書いてあっても、高い化粧品には50%入っているのに、安い化粧品は1%ほどのほんの少ししか入ってなかったり、配合されている量も違ったりするそうです。

研究費という面でも、有名メーカーでは、独自の新成分の開発を行っていたりして、その研究費用や安全性を確認するためのモニターや臨床試験などの費用もかかってきますよね。

広告費やパッケージ費もありますが、原料や研究費も含めるとやはりそれ相応の価格になってしまうのも、仕方のないことなのかもしれませんね。

化粧品は高い方がいいの?

人間の心理として、高い化粧品の方が効果も高いんじゃないか?という思いもありますよね。

「舌切り雀(したきりすずめ)」のお話ではありませんが、私も「1,000円の美容液か、10万円の美容液かどちらか1つプレゼントしますよ!」って言われたら、絶対に10万円の美容液でしょう!

10万円の美容液ってどんなだか使ってみたいです!

10万円の美容液とはいかなくても、確かに、高い化粧品は原材料もいいものを使っているだろうし、有名メーカーのものは安心感がありますよね。

「病(やまい)は気から」(ちょっと例えが違うかも)という言葉がありますが、高い化粧品を使っていると、気分もよくなり、高い化粧品だから効果があるかも。と自分に暗示がかかり、肌もきれいになったように感じるということは、あるかもしれません。

そういう心理的な効果という意味では、高い化粧品の方は効果があるということも言えそうですよね!
とはいっても…。

必ずしも高い化粧品だから効果も高いということでもないので、安い化粧品でも自分の肌に合っていればそれが一番ですよね!

error: Content is protected !!