BBクリームとCCクリームの違いって?

クリームファンデ
化粧下地というと最近は「BBクリーム」が人気ですよね。

BBクリームっていうのがあるのかなんて思ってたら、その後今度は「CCクリーム」がでてきましたよね!

美容の流行の流れは早いです。

今はDDクリーム(さらにカバー力がアップしエイジング効果もあるクリーム)やEEクリーム(BB~DDのすべての良さを持ったクリーム)も出てきているみたいです。

こうなったらZZクリームまで見てみたいです!

今日は「BBクリーム」と「CCクリーム」の2つの違いを調べてみました。

スポンサーリンク

BBクリームってどういうもの?

もともとは、BBクリームは(Blemish Balm プラミッシュ バーム)の略で美容整形などの傷の治療で肌を保護するものとしてドイツでつくられたクリームなんだそうです。

韓国で美容のために作られたもの思ってましたが、ドイツで美容医療で使われていたんですね!

化粧下地・日焼け止め・ファンデーション・毛穴カバーなどの役割もしてくれて時短メイクにいいですよね。

朝、日焼け止め塗って化粧下地つけてコンシーラーつけてシミ隠してファンデーションぬってとなると結構時間がかかります。

BBクリームはたるみ毛穴やくすみやシミなどもカバーしてくれ、忙しい朝にはささっとひと塗りでなめらかできれいな肌になるので仕事に遅れる~ってときは助かります(笑)

● 長所:「カバー力がある」「もちがいいこと」
● 短所:「厚塗り感が出やすい」「ファンデーションに比べ色展開が少ない」

CCクリームってどういうもの?

CCクリームの意味は、

Color Control カラーコントロール:色を調節する
Color Condition カラーコンディション:色の状態

など、正確なものはなくメーカーによって意味は様々のようですね。

CCの意味は違いますが、どのメーカーもスキンケア効果があり肌をきれいに見せるクリームということでは共通していて、BBクリームよりもナチュラル感があるということ。

● 長所:「ナチュラルな仕上がり」「みずみずしく伸びが良い」「スキンケア効果がある」
● 短所:「カバー力が低め」「色展開が少ない」

BBクリームとCCクリームの違い

BBクリームは傷を保護しカバーするという目的があったため、カバー力がありCCクリームよりどちらかというとマットな仕上がり。

CCクリームは肌をケアする効果が強く、素肌感があり自然な肌に近い仕上がり。
BBクリームよりもつけ心地がいい。

というのが一般的な違いです。

しかし、BBクリームやCCクリームの定義はとくになくメーカーによっても違います。

実際にBBクリームとCCクリームと両方使ったことがありますが、A社のBBクリームの方がB社のCCクリームよりナチュラルな仕上がりで保湿力などのスキンケア効果もあったように感じました。

同じメーカーで2種類ある場合は、BBクリームの方が毛穴などのカバー力が優れていて、CCクリームの方がスキンケア力が高くナチュラルな肌にと、どのような肌になりたいかでその違いがわかれているということですね!

error: Content is protected !!