敏感乾燥肌にしっとり化粧水!ヒト型ナノセラミドのアヤナスローション

アヤナスローション
女性で敏感肌と感じている人は多く約8割がそう感じているそうです。
私も季節の変わり目で肌がときどき荒れるので気を付けています。

肌のバリア機能が弱っている敏感肌のときは、シワや乾燥が目立ってシミなどもできやすくなってしまうので早めの対処をしたいですよね。

でも、バリアが弱っていると化粧水がしみることがあるのでとにかく肌にやさしい成分の化粧品を選びたいです。

ディセンシア(decencia)「アヤナスローション コンセントレート(化粧水)」は肌が敏感な時にしみやすいアルコールは使用していません

コンセントレートととは、どのような意味かと思ったら「集中した・濃縮する」という意味だそうです。

つまり、「濃縮された濃い化粧水」という意味なんですね!

どのような使用感なのか早速使ってみましょう。

スポンサーリンク

アヤナスローション化粧水の使い心地

アヤナス化粧水
少しとろみがあり、小さなナノサイズの「ヒト型セラミド」が配合されているからか、肌の内側からじわじわとしっかり潤っていくような気がします。

アヤナスローション化粧水
アヤナスの香りは、ストレスを取り除いてくれる「ゼラニウム」や穏やかな気持ちにリラックスさせてくれる「ラベンダー」とあります。

手でよくなじませてあげると、肌がやわらかくなりぷりっとして浸透力のある化粧水です。

ローションの成分の特徴

アヤナスヒト型セラミド
セラミドってよく聞きますが、セラミドは肌の水分を保持し、外部からの刺激から守るバリア機能の役割を果たしてくれています。

人が持つセラミドと全く同じ構造の「ヒト型ナノセラミド」を配合しているアヤナス。

ナノサイズの小さなカプセルが肌に浸透するとほぐれて、乱れたセラミドにピッタリと適合し保湿をサポートしてくれます。

アヤナスの化粧水の評価や感想

評価4434
使用感は、とろみがあり乾燥を防いでくれそうな名前の通り濃縮された濃い化粧水です。

乾燥しやすい秋や冬、春先くらいまでは、この化粧水でもよさそうですが、夏はちょっと重い感じがするかもしれません。

浸透は遅めでゆっくりとなじんでいくので、次の美容液やクリームにいくにはよく手で押さえながらつけてあげるといいかもしれません。

つけたあとはヒタヒタとうるおい感がアップしてます。

⇒ 次は、アヤナスの美容液を使ってみた感想へ

error: Content is protected !!