たるみ肌にハリを!アスタリフト化粧水を実際に使ってみた感想

アスタリフト化粧水
化粧水の色っていうと普通は無色透明って思いませんか。

でもアスタリフトの化粧水は、違うんです!

もちろん着色料ではなく、美肌成分「アスタキサンチン」と「リコピン」の赤の色です。

はじめて「さて使ってみようかな~」って思った時、それまでアスタリフトについてよく知らなかったので、ちょっと化粧水の色を見てびっくりしてしまいました。

そういう人っていないのかな?

ということもありながら…使ってみました。

アスタリフトローションの使い方と使用感

アスタリフト化粧水
使用量目安は、500円玉大よりやや大きめ。

まずは、両手のひらで温めます。
その後、顔全体に包み込むように、肌が吸い付くようになるまでやさしくなじませます。

アスタリフト化粧水
洗顔後、はじめにつける先行美容液「ジェリーアクアリスタ」で、すでに、お肌は化粧水の浸透しやすい状態になっているので、つけた瞬間からぐんぐん吸い込んでいく感じ!

化粧水は少しとろみがあるかなくらいで、すごい吸いつく肌になります。

結構たっぷり目でこんなに多いの?って思いました。
2回に分けてなじませるといいです。

香りは、ローズかな?
すこしにおいがします。

アスタリフトは、全部に天然香料と合成香料両方を混ぜた香り。
ダマスクローズの香りがします。

ダマスクローズは女性ホルモンのバランスを整えてくれると言われています。

ローションの成分の特徴

【 全成分 】

水、グリセリン、BG、ペンチレングリコール、リン酸アスコルビルMg、ヒアルロン酸Na、水溶性コラーゲン、加水分解コラーゲン、ヘマトコッカスプルビアリス油、トマト果実エキス、アセチルヒドロキシプロリン、トコフェロール、アルギニン、ヒドロキシプロピルシクロデキストリン、PEG-60水添ヒマシ油、オレイン酸ポリグリセリル-10、ステアリン酸ポリグリセリル-2、ステアリン酸スクロース、レシチン、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、グルコシルルチン、キサンタンガム、ダマスクバラ花油、クエン酸、クエン酸Na、水酸化Na、ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル、香料、フェノキシエタノール

うるおい成分の「アスタキサンチン」「リコピン」「3種のコラーゲン」に加え、「ヒアルロン酸」も配合されています。

ヒアルロン酸は水分を保持して皮膚にみずみずしさを与えてくれます。

美白や保湿や抗酸化作用のあるビタミンC誘導体の「リン酸アスコルビルMg」が配合されています。

水波紋

アスタリフトローションの総評

評価4334
手のひらでハンドプッシュしていくと、だんだん肌にハリがでてきて、浸透してる~って1回の使用でもよくわかる化粧水です。

ローズの香りなんだけど私的には少々強めかな~。
まあ、そんなに気にならない程度の香りなんですが。

クチコミを見ると「いい香り♪」という方が多いので、好みはわかれるということで。

2016年9月に化粧水が新しくなりリニューアルしました!

ダメージを受け肌内部に蓄積されていたコラーゲンを吸引し、コラーゲンの生成を促進させる新成分「CLリフレッシャ―®」を独自配合。

ナノの浸透力でうるおい感と浸透感にこだわった「モイストアップテクスチャー」を採用しました。

⇒ 次は、アスタリフトエッセンスディステニー(美容液)を使ってみた感想へ

error: Content is protected !!